ヤッソ800はわかりやすい!一人インターバルにおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祭りのカエル

ヤッソ800はタイム設定がシンプルでいい。

「ヤッソ800のやり方を知りたい」
「ヤッソ800のタイム設定の方法を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

ヤッソ800はインターバルの一種!タイム設定がシンプル

ランニング歴の長い人ならどこかで聞いたことがある「ヤッソ800」。インターバルトレーニングの一種です。タイム設定がシンプルで取り組みやすいのが特徴ですよ。

インターバルは距離とタイム設定、リカバリーのスピードで強度が大きく変わってきますが、この調整が意外と難しい。ヤッソ800の場合は距離とタイム、リカバリーが全てパッケージで決まっています。

ヤッソ800を解説

「ヤッソ800」は800m疾走、400mリカバリーを1セットとして10本行うインターバルトレーニングです。Bart Yasso氏が考えたトレーニング法のためヤッソ800と呼ばれています。

特徴的なのがタイム設定。800mの疾走区間のタイムはフルマラソン目標タイムを●分●秒に置き換えるだけ。フルの目標が3時間であれば800mを3分、3時間30分が目標なら3分30秒で走ります。

リカバリーの400mも800mの疾走区間と同じタイムで走ります。400mのリカバリー区間のペースは相当遅い。かなり回復した状態で毎回の800mをスタートすることになるでしょう。本数は10本が基本ですが、慣れるまでは走力に応じて本数を少なくしてください。

ヤッソ800のフルマラソン予測は正確か?

ヤッソ800で10本やり切れたタイムを●時間●秒に変えればフルマラソンの予測タイムになるとされています。つまり、3分設定で最後までやれたなら3時間、3分30秒でやれたなら3時間30分で完走できるということです。

スピード型、スタミナ型などは考慮に入れていないのであくまで目安として考えるのがよさそうですね。ヤッソ800で走りきれたタイムからの予測より、実際のフルマラソンのタイムは遅くなるという意見も多いです。

走力の高いランナーほど負荷は高い

ヤッソ800は走力が高いランナーほど負荷が高くなる練習なことも覚えておきましょう。

例えばフルの目標タイム5時間の人が800mを5分で走るのは余裕でしょう。しかし、フルマラソン2時間20分の人が800mを2分20秒で走るのは、1㎞あたり2分55秒のペースなのでなかなか大変です。

走力によって体感的な負荷が変わるトレーニングなので、ヤッソ800が効果的なのはある程度走力のあるランナーと言えそうです。目安としてはサブ4でしょうか。

ヤッソ800をやってみた!

400mトラックでヤッソ800をやってみました。フルマラソンのベストが2時間35分なので設定は2分35秒で10本。1kmだと3分13秒のペースです。結果は…

  1. 2:34
  2. 2:34
  3. 2:35
  4. 2:37
  5. 2:54
  6. 走れず!

5本目で体に力が入らなくなって完遂できず。昼間に走ったら気温と湿度にやられて熱中症気味になりました。今度は涼しい時間帯にやってみます。

ヤッソ800は一人インターバルに良さそう

今回は10本やり切ることはできなかったものの、ヤッソ800は一人でやるポイント練習のメニューとして優秀だと感じました。

リカバリーが長く疾走区間も800mなので、一人でも集中力を保ってできます。1000m疾走、リカバリー200mを60秒などのハードなインターバルだと一人ではやり切れない人にもヤッソ800がおすすめです。

まとめ

  • ヤッソ800は800m×10本のインターバル
  • リカバリーは400m
  • 疾走区間とリカバリーのタイムはフルマラソンの目標タイムを●分●秒に変えたもの

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*