マラソンレース中の水分補給で何を飲む?水とスポーツドリンクを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水を飲むカエル

(この記事は2019年4月22日に更新されました。)

レース中のエイドで水とスポドリどっちを飲みますか?

「水とスポドリそれぞれの効果を知りたい」
「レース中なのに水でもいいのか知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

マラソンレース中の水分補給で何を飲むかは大事!

フルマラソンに限らず、ほとんどのマラソン大会ではコース上にいくつも水分補給できるエイドステーションがあります。スポーツドリンクや軽食が提供される大会もあり、エイドの充実度が大会評価の一つの指標にもなっていますね。

よくあるのがスポーツドリンクと水の両方が提供されるパターン。皆さんはどっちのテーブルに向かいますか?

スポーツドリンクと水にはそれぞれ特徴があります。レース中の水分補給だからこそ、違いを知って自分に合った飲み物を選ぶのが大切です。ここからはスポーツドリンクと水の違いを見ていきましょう。

スポーツドリンクなら効率的に水分と糖質を補給

水分の効率的な吸収とエネルギーの補給を考えて、水よりスポーツドリンクを選択するランナーの方が多いでしょう。レース中にスポーツドリンクを摂取するメリットは主に2つあります。

効率的な水分補給

発汗によって失われるのは水だけではありません。カリウムやナトリウムなどの電解質も一緒に体外に排出されます。スポーツドリンクなら失われた電解質を補いやすいように成分を調整しているので、効率的に水分と電解質を補給できます。

足がつる原因ははっきりとわかっていませんが、体内のイオンバランスの崩れによるという説が有力。スポーツドリンクを十分に摂取することは足つりの予防にも役立ちます。

エネルギー補給

レース中は糖質を補給して、エネルギーが枯渇しないようにするのが大切。水はカロリーゼロですが、スポーツドリンクは糖質が含まれカロリーもあるのでエネルギー補給にもいいでしょう。

マラソンの水分補給に水が効果的な場合もある

レース中にスポーツドリンクよりも水を選ぶ人は少ないです。栄養補給や疲労回復という点では、スポーツドリンクの方が効率はいいですね。水は飲まずにほてった首や足にかけるランナーの方が多いかもしれません。

しかし、人によっては「水」の方がレース中の水分補給に適している場合があります。その理由を2つ解説します。

スポーツドリンクの甘ったるさが苦手な人は水を飲もう

スポーツドリンクは糖分が多く、薄めずに飲むと口の中のベタつきが気になる人もいます。レース中は喉の渇きや口の中の状態が普段よりも気になるのでなおさらですね。

レース中はスポーツドリンクの味が不快だと感じる人は一度水を飲んでみてください。ストレスなく給水できることに気づくはずです。あと、ジェルを摂った後やエイドの給食を食べた後は水の方がさっぱりしていいですね。

水でインスリンショックを予防

数は少ないですが、インスリンショックが起きやすい人は水の方がいい。

インスリンショックとは、多量の糖を摂取することがきっかけで起こる症状。急激な血糖値の上昇を防ぐためにインスリンの分泌が促されて、反対に血糖値が急激に下がります。こうなると、短時間で疲労がたまり走る気力が失われます。

通常は走り始めてしばらくするとインスリンは分泌されにくくなるのであまりないケースですが、体質によってはエイドの給食やスポーツドリンクが引き金になる場合もある。エイドでの補給後に調子が崩れるようなら、水を試してみるのもいいですね。

「初代山の神」今井正人選手が世界陸上代表に内定したレース後、スペシャルドリンクを水に変えたことを快走の要因の一つとして挙げていました。人によっては水が適している場合もあるので、試してみるのは大切ですね。

まとめ

  • スポーツドリンクは効率的に水分補給ができる
  • 水はインスリンショックの予防に効果的
  • 色々試して、最終的には「飲みたい」ものを選ぼう

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*