ワラーチ。ランニングで使うメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨガカエル

走れるサンダル、ワラーチ。マラソンやトレイルランの大会でも履いている人がいます。

メリットやデメリットを考えてみます。

ワラーチとは?

メキシコの先住民族タラウマラ族が着用するサンダルで、彼らはワラーチを履き100㎞を超える超長距離レースで活躍しています。

「BORN TO RUN」という本で一躍注目を集めた履物で、最近ではフルマラソンの大会でワラーチを履く人を見るようになりました。

一見、何かの主張があってやってるのかなと思いがちなスタイルですが、実はランニングパフォーマンス向上のためにメリットのある履物なのです。

ワラーチのメリットは?

  • 素足感覚で走れるので足が本来持つ衝撃吸収機能を生かせる
  • 着地時の衝撃がもろにくるため、体が自然に負荷のない走り方をしようとして故障しにくい走りが身につく
  • フォアフット走法やミッドフット走法を習得しやすい
  • 履いていて気持ちが良い

ワラーチのデメリットは?

  • 荒れた路面や石などを踏んでケガをするリスクがある
  • フォアフット着地やミッドフット着地になるため、ある程度の筋力や走力がないと慣れるまでは故障のリスクがある

僕も裸足で走ってみた

ワラーチで走ったことはないですが、同じく話題の裸足ランをやってみようと思い20㎞ほど舗装路を裸足で走ってみました。

思ったよりも走れますし、確かに裸足やワラーチはフォアフット走法やミッドフット走法を身につけるにはよいと感じました。

しかし、やっぱり何かを踏み一撃でケガするのが恐ろしかった。ので、僕は高機能なシューズに頼っていきたいと思います。

まとめ

  • ワラーチで走ると故障しにくい走りを身につけられる
  • フォアフット走法やミッドフット走法の練習にも使える
  • 石などを踏んでケガをするリスクがある

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*