つくばマラソン2018 参加レポ!サブスリー人数も調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
つくばマラソン

(この記事は2019年8月28日に更新されました。)

「つくばマラソンのコースの特徴を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

5年連続でつくばマラソンに参加してきた!

2018年11月25日(日)に開催された「つくばマラソン」に参加してきました。これで5年連続です。

季節柄天候がよく、高速コースでタイムが出やすいと人気の大会。他の大会に比べてサブスリーの割合がとても多いのも特徴です。この記事ではコースの特徴を中心にレポします。受付やスタート、給水などレース全般については以下の記事をご覧ください。

>>【つくばマラソン徹底解説】高速コースでタイムを狙おう。日程とエントリー開始日はいつ?

つくばマラソンは関東屈指の高速コース!サブスリーが多い

つくばマラソンといえばフラットコース。2015年に折り返しコースから周回コースになり、後半25㎞前後で少しアップダウンがあるもののほぼ平坦。

11月末の開催で気温もちょうどよく、自己ベストを狙うランナーが多いのも特徴です。ちなみに、2017年大会は650人以上、2018年大会では700人以上がサブスリーで完走しています。市民マラソンとしてはトップレベルのサブスリー率でしょう。

つくばマラソンのコースの特徴

筑波大学構内とつくば市内が舞台。おおむねフラットでカーブも少ないため、好記録が狙えます。

前半5㎞強、後半36㎞地点の陸橋によるアップダウンと、25㎞前後の緩やかなアップダウン以外は基本的にフラットです。後半の陸橋は疲れているタイミングでなかなかにハードですが、他のアップダウンはそれほど厳しくないです。

つくばマラソンの後半はとても走りやすいと思う。残り4㎞で大学構内に入るので、ラストスパートへの切り替えがスムーズにできるのです。「帰ってきた」と感じて気持ちが楽になります。

つくばマラソンは自己ベストを狙うランナーが多く全体的にペースが速め。3:35~3:40/kmで走っていても集団ができます。サブスリー付近ではいくつも集団があるので、集団の利を生かしながら走ることができますよ。

僕は・・・

2:35:49でした。序盤は3:35~3:40/㎞で刻み、ハーフの通過が1:16:52。30㎞までは余裕があって、このままいけるかなーと思いましたが、やっぱり甘くない。走りにキレがなくなって30㎞以降は3:50~4:00まで減速。ネガティブ・スプリットの難しさを再認識しました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*