トレイルレースにおける時間の感じ方

諸葛孔明ウサギ

「トレイルレースで時間が伸び縮み」
「初めて出るレースは試走が効果的」

この記事ではそんなことをつらつらと書いてみました。

トレイルレースでは時間が伸び縮みしやすい気がする

僕はGPS時計を使っていないので、定期的なエネルギー補給のために時計を見る。その頻度はおおむね30分に一回だ。レース序盤では、時計に目を落とすとちょうどジェル補給の時間なことが多いが、後半になると前回の補給から15分も経過していないことが大半。同じ間隔で見ているつもりなのに、物理的な時間と主観がどんどんズレていく。

ロードレース、特にフルマラソンで、ラスト5㎞は最初の5㎞と同じとは到底思えないほど時間が長く感じるが、その主観の伸び方にレースによっての違いは少ないと思う。つくばマラソンでも若潮マラソンでも東京マラソンでも、ラスト5㎞はきついし長い。感じ方にそれほど違いはなかった。

しかし、トレイルではレースによって時間の流れ方が大きく変わる。例えば、70㎞くらいのレースであるハセツネと伊豆トレイルジャーニーで時間の感じ方は全く違った。トレイルは景色の変化がダイナミックであること、路面に常に注意を向けていること、体の状態の変化が激烈であること、さらには昼夜の両方を経験することなどが理由か。

子どもより大人の時間が早く流れる(ように感じる)理由に、新しい経験が少なくなること、日々がルーティン化され時間を意識する回数が少なくなることがあると言われる。

トレイルレースでは、練習で経験してきたこと(大人時間)と、レースだからこそ直面する事態(子ども時間)が目まぐるしく展開していくため、時間の感覚がびよんびよんと伸び縮みするように感じるのかもしれない。しかも、出場するレースによってその幅は違う競技かのように変わる。

記録を狙うトレイルレースでは試走が効果的か?

初めて出場するトレイルレースでは、突然景色が開けて恍惚とすることもあるし、予想外の登りに苦しむこともある。わからないからこその面白さがあるのだ。

しかし、記録を狙いに行くなら僕は試走をおすすめしたい。同じレースに3回以上出場したことがあるが、3回目ともなると、コースやエイド、走り方などあらゆる要素において「経験してきたこと」を繰り返す展開になる。すると、長く感じることもないし、入り込み過ぎて時間を短く感じるようなこともない。落ち着いて実力通りに走れる…ような気がする。

といいつつ、何度も試走をして何度も出場したハセツネでは、一度も気持ちよく走り切れたことがない。いつも鞘口峠への下りあたりでノックアウトされて絶望感に打ちひしがれることになるのだ。それでも、やっぱりハセツネが好き。

コメントを残す

*