東京マラソン受付&エキスポ(EXPO)の混雑状況や楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京マラソンエキスポ

東京マラソン2019エキスポ(EXPO)と受付の混雑状況と楽しみ方をご紹介。思ったより出展が多く、そして人の数もすごい。

東京マラソン受付&エキスポ(EXPO)とは

当たるわけないと思いつつ、恒例行事的に応募し続けた東京マラソンが当たった。そして、色々調べるうちに東京マラソンはスタートするまでもなかなか大変なのがわかりましたわ。

まず、スタート地点でもフィニッシュ地点でもない場所で開催される東京マラソンEXPOで受付をする必要があります。去年までは東京ビッグサイトでしたが、今年はお台場特設会場。そこで身分証明書提示の上、顔写真を撮影して受付が完了します。さすがのセキュリティ。

受付会場では「東京マラソンエキスポ」が開催され、協賛社などが数多く出展しています。こちらはレース参加者以外でも楽しめますよ。

受付期間(2019年)

  • 2月28日(木)、3月1日(金) 11:00~20:30
  • 3月2日(土)           11:00~19:30

大会当日は2019年3月3日(日)。3日前から前日までの受付です。

アクセス

  • ゆりかもめ「台場駅」から徒歩約8分
  • りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約15分

お台場の巨大ガンダムがあるダイバーシティ東京の近くでした。駅からは人の流れができているので、みなさんについていけばオケー。

混雑状況

かなり混雑します。木か金に行っておきたいところです。

僕が行ったのは金曜の13時頃。受付はボランティアの人数が多くスムーズに終了しましたが、エキスポの主要部分はかなり混雑していました。

土曜日は、受付をスムーズに通過できたとしても動線が狭い部分がありエキスポ全体の通過にかなり時間を要すると予想されます。人が密集している場所にいるだけで精神的に摩耗するので、早めに行ってサッと受付は終わらせたいところですね。

東京マラソン受付

金曜午後の受付は空いている

エキスポの内容

メインスポンサーのアシックス物販テントをはじめに通過します。東京マラソン限定モデルのシューズが販売されているほか、2月28日に販売が開始されたアシックス版厚底シューズMETARIDEの試し履きコーナーもありましたよ。

限定シューズ

その後は、室内で主だったスポンサーのブースや自治体PRエリアなどを巡ります。それぞれ趣向を凝らしていたし、サンプリングでいろいろもらえます。ランニングフォームチェックや記念撮影ができるブースも多々ありました。

ドライゼロサンプリング

屋外に出ると、スポーツメーカーから東京マラソンとあんまり関係のなさそうなものまで多様な出展がお出迎え。食事をできるスペースもあって、ワイワイガヤガヤお祭り感満載です。

東京マラソンエキスポ

僕は出口付近で東京司法書士会が「パンチングマシン」だけの出展をしていたのがツボ。やってみたら、一等だそうでロゴ入り今治タオルをいただきました。まさかの高品質

パンチングマシン

シュルレアリスム

METARIDEのことをちょっと・・・

2月28日(木)に発売されたアシックス版厚底シューズMETARIDE(メタライド)の試し履きゾーンがあったので履いてみました。

少ないエネルギーで長く走ること」を目的にしていて幅広い層がターゲット。ただ、つま先部分を曲がりにくくして体重移動で転がすように進ませる発想はヴェイパーフライやズームフライとほとんど同じです。

ちょっと履いただけですが、母指球から前付近が明らかに硬く、普段僕が履いているフェザーグライドやターサージール6のような柔らかさはありません。アシックスと言えば「外さないから安心」な印象でしたが、これは攻めてますね。

そして、価格はまさかの27,000円(税別)。アシックスまでこの価格帯で出してくるとは思いませんでした。3月4日にナイキ原宿で販売されるヴェイパーフライエリートフライプリントは75,000円(税別)だし、なんだかシューズの価格がおかしくなっていますね。

METARIDE

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*