東京マラソン2019 参加レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京マラソン

東京マラソン2019に参加してきました。ランナー目線でどんな大会かレポします。

東京マラソンのくわしい情報

スタート時間

9:10

コース

世界屈指の高速コースです。

最初の5㎞は下り基調、それ以降はほぼフラット。加えてカーブも少なく記録が出やすい条件が全て揃っている印象でした。

コースについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

距離表示

1㎞ごと。1マイルごとの表示もあります。

トイレ

コース上に多数あるほか、東京メトロ、都営地下鉄の駅トイレ、セブンイレブンのトイレも使用可能でした。

受付

前日までに受付会場に赴いてゼッケンなどを受け取ります。当日受付やゼッケンの郵送はありません。

2019年は木曜日~土曜日までお台場にて受付。多くの企業などが出展するエキスポも併設されていました。

受付とエキスポについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

参加賞

  • Tシャツ(アシックス社製)

フィニッシュ後

  • フィニッシャーズタオル
  • メダル

スタート

A~Lまでのブロックに分かれてスタート。Aブロックは各都道府県で基準タイムをクリアして選ばれた準エリートで一般枠はBブロックからです。

僕はBブロックの先頭からスタートしてロスタイムが24秒。スタートブロックでの待機時間は1時間40分ほどでした。Bブロックの先頭からスタートするための方法についてはこちらの記事をご覧ください。

応援

スタート時の気温は5℃、冷たい雨にさらされるコンディションながら応援が途切れることは一度もありませんでした。

東京マラソンの応援はすごいと聞いていましたが想像のはるか上。圧巻です。

エイド

5㎞以降、およそ2㎞~3㎞ごとで合計15か所ありました。

給食のあるエイドは17㎞以降の5か所と意外に少ないため、エネルギー消費が激しい人は携行食を多めに持ちましょう。

関門

制限時間 7時間

関門は9か所設定されていました。

記録証

後日発送

荷物預け

スタートエリアで、指定されたトラックに荷物を預けます。

着替え

スタートエリア内に男女別更衣室があります。ただ、スタートエリア付近は混雑するので着替えは事前に済ませておいた方が無難。

参加費(2019)

  • フルマラソン 国内10,800円 海外12,800円
  • 10㎞     国内5,600円 海外6,700円

2020年大会について、参加費の値上げが発表されています。

国内16,200円、海外18,200円になります。高いですね~。

次回の申し込み期間

  • 2019年7月1日(月)
    ONE TOKYOプレミアムメンバー先行エントリー
    寄付金およびチャリティランナーエントリー
  • 2019年8月1日(木)
    一般エントリー

大会公式サイト

https://www.marathon.tokyo/

僕は・・・

2:47でした。

3:35~3:40/kmで刻む計画でしたが、32㎞以降ハンガーノックで急激に体が動かなくなり失速。ラスト5㎞は6:00/km前後で走るのが精一杯の状態になりました。補給も含めて万全の準備が必要。やっぱりフルマラソンはごまかしがきかないですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*