「サブエガ」がフル2時間50分切り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
疑問を持つカエル

マラソンの目標タイムを「サブエガ」と言っている友人がいました。

意味がわからず考えること10日間。まさかエガちゃんのことだとは思いもしませんでした。

今回はランナーの間で一般的になっている(?)用語、「サブエガ」の解説です。

サブエガはフル2時間50分切りのこと

フルマラソンで、2時間50分を切ることを「サブエガ」と呼ぶんです。

4時間を切ると「サブフォー」、3時間を切ると「サブスリー」。ここまではわかりやすいのに、2:50になると突然「サブエガ」。

お笑い芸人の江頭2:50からとって、この言葉が生まれたようです。

知らなかったので、2:50を分や秒に換算して、必死に考えましたよ。さっさとググればよかった…。

サブエガは4:01/kmペース

サブスリーを達成したら、次はサブエガを目標にする人が多いです。

サブスリーのペースは4:15/kmで、サブエガを達成するためには4:01/km。後半の落ちを考慮すると3:55/kmで刻む人が多いのではないでしょうか。

サブスリーまでは、スピードよりも練習で距離を走って後半の落ち込みを防ぐことがポイントだと思いますが、サブエガはちょっと状況が変わります。

1km 3分台で走ることになるので、インターバルなどを取り入れてベースのスピードを上げることが求められます。

エガちゃんについても少し…

昔からエガちゃんが好きなんですが、時代が変わろうとも一切ブレないあの姿勢にはほれぼれします。

普通は1錠のバイアグラを5錠飲んで病院へ搬送されたり、トルコで全裸になり警察に拘束されたりと破天荒の極み。その一方で災害時には救援物資を自らトラックで届ける一面も。

極めて常識的で思いやりある人間が、最も狂った行動をすることで放たれる輝きは尋常じゃないですね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*