トレランで筋肉痛になりやすいのは太もも。特に前ももがきつい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョジョサル

(この記事は2019年7月23日に更新されました)

太もも強化はトレランには欠かせない。

「トレランで筋肉痛になりやすい部位を知りたい」
「なぜトレランで太ももへのダメージが大きいか知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

トレランでは大腿四頭筋に筋肉痛が出やすい

僕はレースで追い込んだ時、トレイルでは太もも前側の大腿四頭筋が主に筋肉痛になります。ロードの時はふくらはぎに筋肉痛が出る傾向にあり、明らかにダメージを受けている部位が違うと感じています。

個人差は当然ありますが、トレイルで大腿四頭筋が痛くなる人は多いのではないでしょうか?

大腿四頭筋は着地筋なのでトレランで酷使される

トレイルで大腿四頭筋に筋肉痛が出やすいのには訳があります。

大腿四頭筋は「着地筋」とも呼ばれるように、下りでの衝撃を吸収する役目を持っています。トレイルの大会では、普段の練習よりも思い切って下ることになるので、大腿四頭筋は必死になって着地衝撃を吸収することに。結果として筋肉組織が破壊されてひどい筋肉痛になるのです。

この作用を利用したのが「峠走」だと言えるでしょう。トレイルよりもダメージの大きいロードの下りを速いスピードで走ることにより、大腿四頭筋にダメージを与えて超回復による筋肉の成長を狙います。

関連記事>>峠走の効果とデメリットを解説。高リスクなのでご用心。

ロードの下りが長いトレイルレースでは筋肉痛が悪魔的

同じくらいの距離のレースでの筋肉痛のひどさを比較してみると、僕がダメージを負いやすいレースがわかってきました。ロードの長い下りがあるレース翌日の筋肉痛が際立ってひどいのです。

6㎞続く傾斜がきついロードの下りがあるハセツネ30kはその典型。いつも翌日は歩くのもままならないほどのダメージを負っています。トレイルの下りは得意なのに、ロードの下りは何だかダメなんだよなー…。

関連記事>>【ハセツネ30k徹底解説】コースやアクセスをくわしく。

まとめ

  • 大腿四頭筋は「着地筋」とも呼ばれる
  • 下りでは主に大腿四頭筋が使われる
  • ロードの下りでは特にダメージが大きい気がする

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*