さかえリバーサイドマラソン2019 参加レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県の成田市に近い栄町で開催され、江戸時代の街並みを再現した観光施設の敷地がコースに含まれる珍しい大会。

2019年2月17日(日)、ハーフマラソンの部に参加した際のレポです。

さかえリバーサイドマラソンはこんな大会

地元密着型の大会です。町の施設「ふれあいプラザ」が全面的に開放されて、スタート時間まで暖かい室内で過ごせるのも嬉しい。

ウォーキング、親子の部、2㎞、5㎞、10㎞、ハーフなど種目多数。僕はハーフマラソンの部に参加してきました。

さかえリバーサイドマラソンのくわしい情報

スタート時間(ハーフ)

10:25

コース

コース図はこちらをご参照下さい。

前半と後半で大きく印象が違うコースです。

前半

スタートから9㎞あたりまではアップダウンが多い。住宅街や観光地「千葉県房総のむら」を走るなどバリエーション豊かなコース設定です。

特に5㎞~6㎞付近の「千葉県房総のむら」内はオフロードかつ激しいアップダウンが出現。江戸の街並みを再現した風景を見ながら不思議なレース体験ができます。

ただし、この区間はラップタイムが落ちるのは必至。僕は平均3分30秒/kmで走りましたが、5㎞~6㎞のラップは4分10秒/kmでした。ペースが落ちているわけじゃないので焦らずいきましょう。

後半

9㎞以降の後半は基本フラット。田園風景のなかをひた走ります。カーブも少なく、ひ長い直線区間がメイン。

レース前は「後半上げられるのでは?」と思っていたけど、実際走るときついのは後半でした。田んぼの間の直線道路は強風の影響をもろに受けるので、風が強かった今年は向かい風にやられることに。

どうやら2018年も風が強かったようで、毎年後半は風との勝負になりそうですね。

ちなみに、リバーサイドマラソンといいつつ利根川のそばを走るのは15㎞~16㎞の1㎞ほど。

距離表示

1㎞ごと

陸連公認大会ではなく、距離表示は不正確な区間も多いように感じました。参考程度にするのがよいでしょう。

トイレ

会場の「ふれあいプラザさかえ」のトイレを使います。3階のトイレは比較的空いていました。

受付

7:30~9:30

参加賞

  • Tシャツ
  • 出店で使える300円券
参加賞のTシャツ

ショッキングピンク。攻めカラー。

スタート

10分前くらいから集合して、3分前にスタート地点に移動。スタート地点の幅は広め。

集合場所での位置取りはゆるい雰囲気です。

スタート地点

エイド

ハーフマラソンで5か所。水とスポーツドリンクで軽食はなし。

制限時間

ハーフマラソン 3時間30分
※ハーフ以外の種目は制限時間なし

ウォーミングアップ

会場前に広い公園があります。レジャーシートを敷いてのんびり過ごす参加者もいましたよ。

会場前の公園

記録証

完走後に即発行

荷物預け

あり。

着替え

更衣室は男女ともに複数あります。

食事

会場に町内外飲食店の出店が多数あります。塩ちゃんこ、から揚げ、フランクフルトetc…。おいしそうなものがたくさんありました。

お風呂

大和の湯
入館料:土日祝1,000円
アクセス:会場から5㎞ほど
http://www.yamatonoyu.com/

温泉。褐色の温泉で肌にしっとりなじんで疲れが癒えます。館内はキレイでサウナや水風呂もあり快適。

アクセス

JR成田線「安食(あじき)駅」から会場まで徒歩10分。

「安食駅」は「成田駅」から電車で10分ほどの距離です。上野や日暮里からだと電車で1時間ちょっと。駅前にはセブンイレブンが一つ。会場近くにスーパーがあり、朝9時過ぎに会場入りした際にはすでに営業していました。

参加費

  • ハーフ・10㎞ 4,000円
  • 5㎞一般     3,000円
  • 5㎞中学生    1,000円
  • 2㎞小学生    1,000円
  • 1㎞親子      2,000円
  • ウォーキング  500円

良心的ですね。町内在住・在勤者の割引もあります。

大会公式サイト

http://www.town.sakae.chiba.jp/index.php?code=3249

思ったこと

地元の方が多くボランティアで参加されていて、レース全体、会場に流れる雰囲気が穏やかです。競技性よりも「栄町を楽しむ」ことに注力されていて、気持ちいい1日を過ごせます。

寒い時期ですが、スタート前に体を冷やすことなく十分な広さのホールで待機できる配慮もありがたいです。

僕は・・・

1:14:00で総合6位。30代2位で地元のお米を3kgいただきました。これは嬉しい。1位は5kg、3位は2kg、4・5・6位は1.5kgだった模様。

こしひかり

こしひか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*