雨の日のランニング。休むか悩む・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雨の日のカエル

雨が降った時、走りますか?

雨の中走るメリット、デメリットを考えます。

みんな雨なら走らない!わけでもないみたい

子どもの頃に「雨の中で遊ぶと風邪ひくよ」と言われた人は多いと思います。その考えでいくと雨の日は走らない方がよさそうですが意外と走る人も多いですね。「シャワーラン」なんていうしゃれた言葉もあるようです。

雨でも走るメリット

  • 雨の大会の予行演習
    ロードレースの大会はよほどの荒天以外は決行されますから、雨の日に走ること自体に慣れておくことが対策になります。
  • 夏だと、気温が下がり湿度も高いため快適
    気温30℃を超える日々が続く日本の夏。たまの雨の日にジョギングするとその快適さに驚きます。
  • 人が少ない
    雨の日は皇居でも人が少ないのでゆったりと走れます。

雨の日のデメリット

  • 風邪をひくかも
    雨に濡れて体温が奪われるため風邪をひくリスクがあります。夏は走った後にすぐ着替えれば大丈夫でしょう。
  • 交通事故
    雨にライトが反射して車側も視界が悪いうえ、ランナーもフードを被ると視界がかなり制限されるので交通事故の危険性が高まります。交通量の多いところや車道が中心になるコースは避けましょう。
  • 靴が濡れる
    服は洗えばよいですが、靴は洗うのが面倒で乾くまでも時間がかかるので気になるところ。履きつぶしたシューズを1足取っておいて雨用にするのがおすすめです。

1週間単位で考える

僕は雨の日は極力走りたくないです。そのため、1週間単位でメニューを考えて雨の日にはポイント練習があたらないように調整します。

どうしてもやりたかった練習が雨でできなくなるストレスを減じることができますよ。

まとめ

  • 軽い雨なら走るメリットもある
  • 交通事故には気を付ける
  • 天気予報を見て1週間単位で練習メニューを組むのがおすすめ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*