【青梅高水山トレイルラン徹底解説】コースや累積標高をくわしく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鐘を突くカエル

(この記事は2019年4月11日に更新されました)

20回以上開催されている伝統のレース。

「青梅高水山トレイルランのコースを知りたい」
「青梅高水山トレイルランのアクセスを知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しています。

青梅高水山トレイルランはこんな大会

例年4月第1週の日曜日に開催される青梅市の里山が舞台のレース。標高は低いものの細かいアップダウンが多く走り応えがあるコースですよ。JR青梅線「青梅駅」から徒歩8分で会場に到着するアクセスの良さも魅力です。

最近はトレランメーカーが物販ブースを展開する「トレランフェス」も会場で開催されているようです。

この記事は2015年大会で30㎞の部に参加した経験をもとに作成しました。

青梅高水山トレイルランのくわしい情報

開催時期

4月上旬

  • 2017年 4月2日(日)
  • 2018年 4月1日(日)
  • 2019年 4月7日(日)

コース

  • 30㎞の部
    青梅駅近くの永山公園総合グランドをスタート。標高494mの雷電山を経由して、12.5㎞地点・標高約700mの高水山常福院でお守りを受け取って戻ります。里山特有の細かいアップダウンが続くコースです。距離は主催者Webサイトによると27.9㎞とのこと。
  • 15㎞の部
    同じく永山公園総合グランドをスタート・フィニッシュ。距離は14.9㎞です。

累積標高

  • 30㎞の部 約1600m(最大標高差488m)
  • 15㎞の部 約730m(最大標高差499m)

スタート

永山公園からスタート。僕が参加した2015年はスタートラインの幅が狭く1列に8人ほどしか並べませんでした。前に並びたい人は10分前にはスタート地点に向かいましょう。

応援

スタート・フィニッシュ地点の永山公園での応援がおすすめです。

給水

30kmの部のエイドは20km地点の一か所のみ。暑くなってくる時期なので水分と携行食は十分に持ちましょう。

お風呂

青梅駅の隣駅、JR青梅線「河辺駅」に「梅の湯」があります。

梅の湯
入浴料:860円
アクセス:JR青梅線「河辺駅」直結
駐車場:「河辺TOKYU」の駐車場を利用
http://kabeonsen-umenoyu.com/

アクセス

会場 永山公園

会場の永山公園はJR青梅線「青梅駅」から徒歩8分。新宿駅から青梅駅までは電車で最短1時間ほどで到着します。

参加費

  • 30kmの部 6,000円
  • 15kmの部 5,000円

レギュレーション

  • 手袋着用
  • 最低500ml以上の飲料水
  • 健康保険証の持参
  • トレランシューズ(推奨)

大会Webサイト

http://www.kfctriathlon.com/html/event_trail.html

思ったこと

2016年~2018年までは3年連続ハセツネ30kと開催日程が重なっていて出られませんでしたが、雰囲気が良くて好きなレース。ハセツネ30kがゴリゴリで競技志向の強いレースなのに対して、青梅高水山トレイルランはアットホームで穏やかな雰囲気です。

僕は・・・

2015年大会で30kmの部に参加して、2:31で15位でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*