おんたけウルトラトレイル(OSJ ONTAKE100)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おんたけウルトラトレイル

深夜にスタート、延々と続く林道、日中のとんでもない暑さ。

どれもが魅力的に感じる不思議な大会です。2015年に100kの部に参加した際のレポです。

こんな大会

長野県の王滝村国有林をひたすら100㎞走る!

「あれ、ここさっき走ったよね…」と何度も感じるデジャブ感。淡々と距離を刻んでいく感覚がクセになります。

100kの部以外に、上級者向けの100マイルの部もありますよ。

くわしい情報

スタート時間

  • 100マイル PM8:00
  • 100k     AM0:00

100kの部の人はスタートまでにいかに眠れるかが一つのポイント。テントを張ってスタートまでゆっくりと過ごす人も多いです。

コース

ひたすら、ひたすら林道。よく、これだけ長い林道があるなと感心するレベル。

高低差はあまり大きくないのである程度走力がある人はだいたい走れます。フィニッシュタイムも100㎞の部でトップが9時間前後と、ロードのウルトラマラソンに近いタイムになります。

テクニカルなパートもありません。ただ、後半になるにつれ路面の石の突き上げによるダメージが大きくなるため、シューズはいつもより厚いものを選択するのがベターでしょう

おんたけ

高低図(イメージ)

受付

当日午後

スタート

15分前にスタート地点に行き希望の位置につきました。長丁場なこともあり皆さんのんびりと並びます。夜中スタートゆえ、不思議なテンションで暗闇へと走り出すのが楽しかった。

応援

普段は開放されていない林道を走るため、コース上での応援は難しいです。

エイド

大エイド3か所、小エイド3か所。

水分が中心ですが、軽食のあるエイドも。第二関門(63km地点)では事前に預けたドロップバックから補給できます。

関門

制限時間20時間(100k)

  • 第一関門 約32km地点 6時間
  • 第二関門 約63km地点 12時間
  • 第三関門 約78km地点 15時間

※100マイルの部の制限時間は24時間

アクセス

長野県木曽郡王滝村の「松原スポーツ公園」が会場です。

JR東海中央本線「木曽福島駅」から、路線バスで40分ほど。

大会サイト

http://www.powersports.co.jp/osjtrail/18_ultraontake/index.htm

思ったこと

他の大会とは一線を画す独特の存在感。

ダイナミックだけど変化の少ない景色、淡々と走れる林道、深夜の眠気と日中の暑さ。普段人が入らない林道を走ることも相まって、圧倒的な非日常感を体験できます。

一度は走ってみたい大会。

僕は・・・

2015年に100の部に参加。11時間5分で19位でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*