おんたけウルトラトレイル(現OSJ ONTAKE100)2015参加レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おんたけウルトラトレイル

(この記事は2019年8月8日に更新されました。)

「OSJ ONTAKE100のコースを知りたい」
「OSJ ONTAKE100の特徴を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

OSJ ONTAKE100はこんな大会

長野県の王滝村国有林をひたすら100㎞走る!「ここさっき走ったよね…」と何度も思うデジャブ感。淡々と距離を刻んでいく感覚がクセになります。100kmの部以外に上級者向け100マイルの部もありますよ。

この記事は改称される前の「おんたけウルトラトレイル」2015年大会100kmの部に参加した経験から作成しました。

OSJ ONTAKE100のくわしい情報

スタート時間(2019年)

  • 100マイル  PM8:00
  • 100km     AM0:00

100kmの部は午前0時スタートのため、それまでにいかに眠れるかが一つのポイント。会場にテントを張ってスタートまでゆっくりと過ごす人も多いです。

コース

ひたすら林道。よくこれだけ長い林道が整備されたなと感心します。コースは年によって変わることもあるようですがコースの印象はあまり変わらないでしょう。「走る禅」と呼ばれることもあるほど、淡々と林道を走り続けます。

高低差は大きくないのである程度走力がある人はコースの大部分で走れます。フィニッシュタイムも100㎞の部でトップが9時間前後とかなり速いです。

テクニカルなパートはありません。ただ、後半になるにつれ石の突き上げによるダメージが大きくなるため、シューズは厚めのものを選択するのがベターでしょう

関連記事>>トレイルランの大会で現れる林道ってそもそも何?

ONTAKE100高低図

2019高低図 出典:OSJ ONTAKE100 Webサイト

受付(2019年)

当日13:00~17:00

スタート

長丁場なこともあり皆さんのんびりと並びます。夜中スタートゆえ不思議なテンションで暗闇へと走り出すのが印象的。

応援

普段は開放されていない林道を走るためコース上での応援は難しいです。

制限時間

  • 100マイル 24時間
  • 100㎞   20時間

アクセス

長野県木曽郡王滝村の「松原スポーツ公園」が会場です。JR東海中央本線「木曽福島駅」から会場まで路線バスで40分ほど。

車だと東京方面は高井戸ICから約3時間40分、大阪方面は吹田ICから約4時間30分です。

大会Webサイト

http://www.powersports.co.jp/osjtrail/19_ultraontake/index.htm

思ったこと

他の大会とは一線を画す独特な存在感を放つレース。ダイナミックだけど変化の少ない景色、淡々と走れる林道、深夜の眠気と日中の暑さが不思議な精神状態に誘います。高揚しているような落ち着いているような…。

普段は開放されていない国有林を走るので、人が生活している気配も感じない。非日常感の強さは国内NO.1ではないでしょうか。

僕は・・・

2015年に100kmの部に参加。11時間5分で19位でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*