ランニング後のお風呂は疲労回復に最適!3つの効果。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お風呂カエル

レース後に歩けないほど疲れていても、お風呂に入るとものすごく楽になることがありますね。

お風呂にはどんな疲労回復効果があるのか、3つ紹介します。

温熱効果

お風呂に入りしばらくすると、体の芯からぽかぽかしてきます。全身が温まることで、血管が拡張され血流が促進。

血流が良くなると、たまっていた疲労物質の排出が促されるので疲労が抜けやすくなります。

水圧による効果

お風呂につかることで、体には水圧がまんべんなくかかることに。肩まで浴槽につかった場合には、圧力の強さは520kgほどにもなります。

これを静水圧と呼び、血管を圧迫することで全身の血液が心臓に戻ろうとする作用を生み出し、血流を良くします。また、体の深部にも圧力がかかることでリンパの流れも良くなり、内臓の機能アップも期待できますよ。

浮力が生み出すリラックス状態

お風呂に入ると、浮力で体にかかる重さがおよそ10分の1になります。

普段酷使されている筋肉への負荷が減るため、体をリラックス状態に導けるのが浮力のメリット。お湯の中でゆったりするのは、精神的にも大きなリラックス効果を得られますね。

リーズナブルで効果の高いお風呂最強

マラソンやトレイルランのレース後にお風呂をセットにしている人は多いです。

日本には入浴文化が根付いているので、どこに行っても温泉や銭湯があります。疲労回復効果が抜群で、かつリーズナブルなお風呂はランニングとの相性は最高。

気分もさっぱりして良いことづくめですから、今までレーズ後にお風呂に入っていなかった人もぜひ試してください。翌日のダメージが違いますよ。

まとめ

  • 温熱効果で血流促進
  • 静水圧効果で血流とリンパの流れを良くする
  • 浮力の効果でリラックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*