【復活!房総鋸山トレイルラン徹底解説】コースなどをくわしく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鋸山トレイル

房総半島の低山は想像以上に楽しくて厳しい!

「房総鋸山トレイルランのコースを知りたい」
「房総鋸山トレイルランの特徴を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

復活!房総鋸山トレイルランはこんな大会

毎年12月に開催されていた、千葉県の房総半島を横断する70㎞超のレースが台風の被害により2019年は中止となりました。そのコースに含まれていた鋸山周辺のトレイルを、地元の有志の皆さんが復旧して実現したのが今回のレース。安全な状態に整備してくださった方々のおかげで走ることができました。

房総半島横断レースが始まる以前は、鋸山を舞台にしたショートレースが開催されていたので、今回はそれが「復活」した形。来年以降はトレイルの整備状況を見つつ、房総半島横断レースに戻っていくのかな?

レースはシングル15㎞と、コースをほぼ2周するダブル28㎞の2種類で開催。標高が低いながらも傾斜が急で登りがいのある鋸山が核心部です。出場したダブルの部を中心にレポします。

復活!房総鋸山トレイルランのくわしい情報

開催時期

12月中旬

  • 2019年 12月15日(日)
  • 2018年 12月16日(日)※房総半島横断レース

スタート時間

  • ダブル 9:30
  • シングル 10:00

コース(ダブル)

距離 28㎞

千葉県富津市の浜金谷フェリー埠頭をスタートして3㎞ほどロードを走ってから、トレイルで鋸山の山頂まで一気に登る。鋸山の標高は330mほどなので余裕かと思いきや、急登が続くためかなり消耗します。

山頂を極めてからは、尾根を走り6.5㎞地点でコース上唯一のエイドステーションに到着。補給してからは、下り基調の林道をひたすら走ります。林道を終えるとシングルはフィニッシュの浜金谷フェリー埠頭に向かいますが、ダブルはもう一周。道がわかっているので、安心して走れるでしょう。

エイド以降の5㎞くらいダラダラ続く長い林道がクセもの。集中力が切れやすく、石を踏んで捻挫しそうになりました。林道でペースを落とさずに走り続けるようにしたいところですね。

距離表示

なし

トイレ

フェリー乗り場のトイレを利用可能ですが混雑していました。済ませていくのがおすすめです。

受付

7:00~8:45

参加賞

水・房総名物カジメ汁のふるまい

応援

ダブルが2周目に入っていく地点までは会場から1.5㎞~2㎞です。移動して応援するのもいいですね。

エイド

6.5㎞地点に1か所で、飲み物に加えて軽食アリ。2周目も同じエイドを使えます。

制限時間

  • シングル 4時間
  • ダブル 6時間

装備

海に近く風が強いので、防寒対策は必須です。僕はアームウォーマーや手袋を使って風から身を守りました。寒さに弱い人はウインドブレーカーを着て走ることをおすすめします。

記録証

完走後に即発行

食事

浜金谷フェリー埠頭の横にはレストランやお土産を買える施設、浜焼き屋、ラーメン屋などがあります。房総半島の思い出に、新鮮な海の幸を楽しむのもステキです。

お風呂

会場近くの「金谷ステーション」「かぢや旅館」でゼッケンを提示すると、500円で入浴できるサービスがありました。

アクセス

JR「浜金谷駅」から徒歩約8分

参加費

  • シングル 6,000円
  • ダブル 8,000円

大会Webサイト

>>房総鋸山トレイルランレース

僕は・・・

2時間9分で1位でした。後半の林道でペースを落とさずに淡々と走れるかどうかが一つのポイントになると感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 花島晃 より:

    優勝おめでとう御座います、因みに自分は昭和32年千葉県生まれ、去年退職を機にスロ-ランニングに填り今年から大会に出始めフルが5時間8分ハ-フ2時間24分
    10Kが57分20秒です、鋸山トレランでは、恥ずかしながらラストランナ-5時間25分でした、一席ランナーとラストランナーなんかご縁が有るかも、どうぞよろしくお願い致します、次は御宿伊勢海老トレランです。

    1. giiga より:

      コメントをいただき誠にありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。
      御宿トレイルも鋸山同様、天気に恵まれることを期待して!お互い頑張りましょう!

コメントを残す

*