【成田POPラン徹底解説】コースなどをくわしく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(この記事は2019年8月27日に更新されました。)

「成田POPランのコースを知りたい」
「成田POPランの特徴を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

成田POPランはこんな大会

JRの「成田駅」から徒歩8分で会場に到着するのでアクセスが良く参加しやすいです。参加人数もちょうどいい塩梅で混雑も少ないですよ。

ハーフマラソンのコースはアップダウンが多く走りごたえアリ。ハーフ以外にも10㎞や3㎞の部などがあるので走力に合わせて選べます。

この記事は2018年大会のハーフの部に参加した経験から作成しました。

成田POPランのくわしい情報

開催時期

11月上旬~中旬

  • 2017年 11月12日(日)
  • 2018年 11月11日(日)
  • 2019年 11月10日(日)

スタート時間

ハーフ 10:00

コース(ハーフマラソン)

最大高低差は約25m。細かいアップダウンや急な下り坂、上り坂もあり走り応えのあるコースでした。

中台運動公園陸上競技場をスタートしてしばらくは市街地を走ります。スタートから1㎞までは下り基調のため全体のペースは速めです。その後、住宅地に入ると細かなアップダウンが現れる。序盤なのでそれほど気にならないでしょう。

5㎞を過ぎて2度急な下り坂を駆け下りると、田舎道に突入します。約7㎞~15㎞までの区間はフラット。田んぼ道を走るパートで、急なカーブが多く転倒に要注意です。

15㎞過ぎに現れる約200m続く急な登りを攻略したら再び市街地へ。途中から前半とは違う道を走ることになり、そこがなかなかハード。高低図ではわからない細かいアップダウンとカーブが続きます。

ラストは競技場を一周してフィニッシュ!

成田POPラン

距離表示

1㎞ごと

受付

7:30~9:00

参加賞

タオル

スタート

予想タイムごとのプラカードの後ろに並んでスタート。僕はスタート10分前に予想タイム最前列(80分)に並びました。ハーフの部の定員が2750名と多くないので、スタート位置確保のための混雑は少ないです。

応援

会場となる競技場に芝生エリアがありのんびりと応援できます。3㎞のレースには小学生や中学生以上の部もあり、家族連れもたくさんいましたよ。

給水所

給水所はハーフの部で合計4カ所。エイド間が6㎞あいたパートがありました。スタート前にしっかり水分を摂っておきましょう。

★2018年のエイド設置距離

  • 3㎞
  • 9.3㎞
  • 13.5㎞
  • 19㎞

制限時間(ハーフ)

2時間30分

記録証

完走後に即発行

荷物預け

会場で預けられます。地元のボランティアさんがテキパキ動いてくださって、とてもスムーズでした。

食事

会場に出店があるほか、成田駅前には飲食店多数。成田駅からは成田山新勝寺まで徒歩10分で行けるので、贅沢に成田名物のうなぎを食べるのも素敵ですね。

お風呂

華の湯
入浴料:820円
アクセス:会場から約2㎞
http://hananoyu-narita.com/

浴槽が広々としていて快適。疲労回復に最適な高濃度炭酸泉もあってグッド。今年は受付時に配られるクーポン利用で入浴料500円になりました。

アクセス

会場 中台運動公園陸上競技場

  • JR成田線「成田駅」から徒歩8分
  • 京成本線「京成成田駅」から徒歩10分

参加費

  • ハーフ 3,600円(成田市民3,000円)
  • 10㎞  3,500円(成田市民3,000円)

大会Webサイト

http://www.narita-pop-run.jp/

思ったこと

参加費がハーフで3,600円と安く、人も多すぎない。運営もスムーズでストレスなく参加できる大会です。マラソンが流行り出す前の市民マラソンを彷彿とさせる雰囲気で、懐かしい気分になりました。

僕は・・・

1:15:22で7位でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*