武甲山トレイルラン2018参加レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武甲山トレイル

(この記事は2019年8月1日に更新されました。)

「武甲山トレイルランのコースを知りたい」
「武甲山トレイルランの特徴を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

武甲山トレイルランはこんな大会

武甲山を一気に登り、ガーッと駆け下りる潔いコースです。

【2019年8月1日追記】武甲山トレイルラン2019年大会は開催されませんでした。現在のところ2020年以降の開催は発表されていません。

武甲山トレイルランのくわしい情報

開催時期

6月上旬~中旬

  • 2017年 6月11日(日)
  • 2018年 6月10日(日)
  • 2019年 開催なし

スタート時間

9:30

コース

  • 距離 27㎞
  • 累積標高 1,595m
  • 最高標高 1,304m(武甲山頂上)
  • 最低標高 約200m

パートごとに特徴がはっきりしているレースです。スタートから9.5㎞までは軽い登りを含むロードと林道で、9.5㎞~19.5㎞がトレイル。19.5㎞からフィニッシュが下り基調のロードです。登りから下りへの走り方の切り替えがポイントになりますね。

★スタート~9.5㎞=ロードと林道

羊山公園をスタート。公園を一周してから琴平ハイキングコースを少しだけ走ります。その後は6㎞までほぼフラットなロードを進み、6㎞~9.5㎞までは登り基調の林道です。この林道区間は傾斜がゆるめなのでゆっくりでも走りながら進みたいところ。トレイルに入ると歩きがメインになるコースのため林道での頑張りがポイントになります。

★9.5㎞~19.5㎞=トレイル

武甲山トレイルの核心部。2.5㎞で武甲山を一気に登り、次の2.5㎞は小持山と大持山のピークを踏む軽めのアップダウンがあるトレイルです。そこからは一気に下る4.5㎞ほどのダウンヒル。かなり傾斜がきついのでスピードをうまくコントロールしていきましょう。

★19.5㎞~フィニッシュ(27㎞)=下り基調のロード

トレイルの下りを終えて延命水エイド(19.6㎞)で一息ついたら、下り基調のロードが7㎞続きます。この大会のトレイルパートはとても楽しいので、実は精神的にくるのがロード7㎞。なんとか耐えて走り続けてください。横瀬駅のエイドまでたどり着いたら残りは2㎞。羊山公園に入り、ラスト200mの坂を上り切ったらフィニッシュです。

距離表示

5㎞ごと。残り1㎞表示もあり。

トイレ

羊山公園のトイレを使います。

受付

事前発送のためなし

スタート

開会式後にそのまま並ぶ。皆さん焦ることなく思い思いの位置に並んでいます。スタート直後に曲がるので接触、転倒に注意!

応援

スタート・フィニッシュの羊山公園での応援がおすすめ。羊山公園からすぐ琴平ハイキングコースに入れるので、ランナーが通過したら散策してみるのもいいですね。

エイド

5か所(5.6㎞、9.4㎞、13.2㎞、19.6㎞、25.1㎞)

飲み物、給食ともに充実しています。トレイルを下った後の19.6㎞地点のエイドにスイカがあって嬉しかった~。フィニッシュ後にも飲み物やなめこ汁などが振舞われました。

関門

制限時間:7時間30分

  • 5.6㎞地点 1時間25分
  • 9.4㎞地点 2時間
  • 13.2㎞地点 4時間10分
  • 19.6㎞地点 6時間20分

記録証

フィニッシュ後に即発行

お風呂

武甲温泉
料金:800円(土日祝料金:ゼッケン提示で100円引き)
アクセス:会場から約3㎞
http://www.buko-onsen.co.jp/
※13時~17時まで会場からのシャトルバスがありました。

アクセス

  • 西武秩父線「西武秩父駅」から徒歩16分
  • 秩父鉄道「御花畑駅」から徒歩20分

車の人は羊山公園内の無料駐車場に駐車可。

参加費

4,200円

大会Webサイト

http://sportsaid-japan.org/

思ったこと

武甲山トレイルの下り大好き。3度目の参加でしたが毎回ワクワクしますね。

僕は・・・

2時間36分で2位でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*