温冷交代浴は効果アリ!自宅でも可能。サウナだともっといい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押すなよ、押すなよ

(この記事は2019年4月8日に更新されました。)

温冷交代浴信者の僕が、仕組みと効果を解説。

「温冷交代浴の仕組みや効果を知りたい」
「自宅で温冷交代浴をやって疲労を取りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

温冷交代浴は手軽で疲労抜き効果が高い

僕は大会やポイント練習の後にはスーパー銭湯でゆっくりと温冷交代浴をすることにしています。筋肉や関節の疲労感が軽減されてケガを予防できるのがメリット。マッサージや整体と違い自分のペースでケアできるのも魅力です。

タイムを上げる近道は継続して練習を積み重ねること。そのために自分なりの疲労回復方法を見つけることは必須だと言えるでしょう。今回はお金をかけずに自宅でも取り組める「温冷交代浴」を解説します。

温冷交代浴の仕組みと効果

温冷交代浴の目的は、血流を増加させて乳酸などの疲労物質を体外に排出すること。

温水に入ると血管が広がり冷水に入ると血管が縮まる。これを繰り返すことで血管がポンプのような働きをします。すると血流が増加して乳酸などの疲労物質を体外へ排出しやすくなるのです。

温度は温水が「42℃前後」、冷水は「15℃~20℃」がベスト。15℃近い冷水は相当冷たく感じますよ。サウナの水風呂でも17℃を下回ると冷たい部類に入ります。

温冷交代浴をスーパー銭湯でやるには?サウナもおすすめ

温冷交代浴に定まったやり方はありませんが、よく言われるのはこんな感じ。

  • 温水(42℃前後)に3~5分
  • 冷水に(15℃~20℃)1~2分
  • 3回繰り返す

温度の感じ方は人によって違うのでアレンジしていきましょう。僕はスーパー銭湯でやることが多いのでサウナをメインにしています。

  1. 温水に5分(足のマッサージもやっておく)
  2. サウナに10分
  3. 冷水に2分
  4. 2に戻る

温水は最初の5分のみ。あとはサウナと水風呂を3回繰り返します。僕はサウナ好きなのでサウナメインにしているだけで、温水と冷水だけでも問題ありません。

サウナの疲労抜き効果については以下の記事をご覧ください。

>>サウナでリラックス。疲労抜きに最高なんじゃないか

温冷交代浴を自宅でやるには

自宅でやる場合には冷水を20℃以下に設定するのは難しいです。それでも効果は間違いなくあるので日常の練習の後に試してみましょう。

家でやる場合には湯船に3~5分浸かった後にシャワーの冷水を足にかけていきます。特に疲労感のある部位を中心に1分ほどかけてください。これを3回繰り返したら完了です。

僕が温冷交代浴を好きな理由

僕は普段からスポーツジムのお風呂で温冷交代浴をやっているし週に1回のスーパー銭湯が楽しみの一つ。温冷交代浴は体のメンテナンス方法として非常に優秀だと思うんですよね。

リーズナブルで効果が高い

スーパー銭湯の入湯料は500円~1,000円ほど。整体やマッサージは1回あたりの費用が高く頻繁に通うのは難しいですが、温冷交代浴なら疲労感がある時にいつでもやれるのが魅力です。

マイペース

マッサージや整体だと予約したり会話したりと、リラックスを阻害する要素があります。温冷交代浴なら完全に自分のペースで気が済むまでやれるのもメリットです。

メンタルもリラックス

スーパー銭湯は我が心の清涼剤。湯に浸かりボーっとなにも考えずに過ごす時間が何よりの贅沢です。

サウナトランスとは何か?「整う」経験をしたらやめられない

最近サウナ愛好者(サウナー)が増加中。僕もサウナーであり、体のケア目的以外にも暇な時にサウナに行きます。サウナの魅力はサウナと水風呂往復の先の快楽にあり。サウナー業界用語で「サウナトランス」「整った」とも言われる状態です。

サウナ→水風呂→休憩→サウナを3回繰り返し、屋外に置かれたベンチなどで半眼の状態で休んでいるとそれはやってくる。全身に血が巡り脳に酸素が行き、指先がじんわりとしびれた感覚が訪れます。心臓の拍動が心地よく体全体に響き、散らかっていた精神が自分の中に戻ってくるような状態になるのです。

人によって「サウナトランス」によって得られる感覚は違います。そして、毎回訪れるわけでもありません。それを探求するのもまた一つの魅力ではないでしょうか。

閑話休題。

サウナを使った温冷交代浴なら肉体疲労の回復はもちろん、リラックス効果も高いのでおすすめ。練習量を増やして疲労がたまっている人や、普段の仕事で精神的に疲弊している人はぜ試してください。

まとめ

  • 温水(42℃前後)に3~5分、冷水に(15℃~20℃)1~2分を繰り返すのが基本
  • 血流が促進されて疲労物質を体外に排出する効果がある
  • 自宅でも湯船とシャワーの冷水を使って温冷交代浴ができる

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*