とくしまマラソン2018にキプサング選手が出場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
威張るカエル

今日開催された「とくしまマラソン2018」に海外招待選手として、世界トップクラスのランナーであるキプサング選手(ケニア)が出場しました。

地方の大会にこのレベルの選手が出場するのはまれですね。結果はどうだったのでしょうか。

結果は?

2時間19分35秒で優勝でした。

2時間3分13秒の記録を持つキプサング選手からしたらかなりゆっくりのペースです。世界記録の期待がかかりつつも途中棄権した2月の東京マラソンの疲労があるのか、それとも今日はのんびりと走ったかですかね。

2位は2時間22分27秒で徳島市の選手でした。

なぜキプサング選手が徳島に?

東京マラソンや福岡国際マラソンなど世界的にも有名な大会以外にキプサングレベルの選手が参加することは極めてまれです。

今回は、自身が設立した「ウィルソン・キプサング・ファウンデーション」という母国ケニアの教育支援、住環境整備に使う基金への募金呼びかけ・PRも兼ねて参加したようです。

レース後にはチャリティーサイン会が行われたようで、紛れもない世界トップレベルのキプサング選手が地元に来ることはランナーにとってとても嬉しいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*