【葛飾柴又ロードレース徹底解説】コースや観光情報をくわしく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(この記事は2019年4月22日に更新されました。)

寅さんとこちかめで有名な柴又で開催。

「葛飾柴又ロードレースのコースを知りたい」
「葛飾柴又ロードレースの観光情報を知りたい」

この記事はそんな方に向けて作成しました。

葛飾柴又ロードレースはこんな大会

柴又は「寅さん」や「こち亀」で有名な下町です。京成電鉄金町線「柴又駅」を降りると寅さんの像がお出迎え。会場までの道も帝釈天の参道を通りますよ。何だか贅沢な気分です。

レース自体は河川敷と土手を走る片道2.5㎞の往復コース。穏やかな雰囲気で気楽に参加できるのも魅力です。

この記事は2018年大会に参加した経験から作成しました。

葛飾柴又ロードレースのくわしい情報

開催時期

1月上旬

  • 2018年 1月8日(月・祝)
  • 2019年 1月14日(月・祝)

スタート時間

9:30(一般男子10㎞・40歳男子10km)
※小学生や中学生の部、5㎞の部などもありスタート時間は種目や年齢により違います。

コース(10㎞)

川沿いの片道2.5㎞を2往復するコース。2018年は工事の影響で河川敷ではなく土手を走ったため、土手と河川敷の上り下りがありました。高低差約6~7m、合計4回通るため意外ときつい。それ以外はフラットな舗装路。2017年は半分くらいがダートの河川敷コースだったようです。

距離表示

なし

トイレ

会場に仮設トイレ7基と常設トイレが1基ありました。仮設トイレのうち4つが女性専用のため、男性の並びが長かったです。

受付

各レーススタート30分前まで。2018年は一般・40代10㎞の部で100人ほどの参加者のためスムーズでした。

葛飾柴又ロードレース受付

参加賞

タオル

スタート

15分前に招集がありスタート付近に集合します。その後しばらくはジョグやストレッチをしつつスタート付近で待機。5分前にスタートラインに移動します。ゆるりとした雰囲気で、並ぶ場所もめいめいが好きな位置に並んでいました。

応援

片道2.5㎞の往復コースなのでスタート地点が応援しやすい。

給水

なし。会場横に水道あり。

記録証

完走後に即発行

食事

京成電鉄「柴又駅」から会場までは帝釈天の参道も通ります。帰りは参道グルメを楽しみながらのんびり帰るのがおすすめ。名物の草団子やおせんべい、おでんなどを食べ歩きできますよ。2018年は1月8日開催だったため初詣客でにぎわっていました。

柴又駅周辺にはラーメン屋、露店など何でもあります。柴又駅を出て右に1分歩くと到着するおでんの「大国屋」は、安くておいしい。冬の寒い時期にぴったり。

お風呂

北総線「矢切駅」徒歩1分にスーパー銭湯「笑がおの湯」があります。徒歩だと約5㎞あるので少し不便ですが電車でいきましょう。会場から徒歩20分の北総線「新柴又」駅から1駅で「矢切駅」に着きます。

笑がおの湯
料金:800円(土休日)
http://www.com-keisei.co.jp/egaonoyu-yagiri/

アクセス

会場:柴又公園(矢切の渡し付近)

  • 京成電鉄金町線「柴又駅」から徒歩10分
  • 北総鉄道「新柴又駅」徒歩20分
  • JR常磐線「金町駅」徒歩20分

「柴又駅」から行く場合、駅直結の帝釈天参道を歩いていくと「矢切の渡し」の案内が出ています。それにしたがって進むと会場に着きます。

参加費

3,500円(一般)

大会公式サイト

https://katsusikarikyo.jimdo.com/

思ったこと

走った後に参道を散策しながら帰るのが楽しい。柴又駅前には一杯飲める露店も出ています。

ちなみに、会場横の「矢切の渡し」は都内唯一の渡し船。片道200円で柴又側から千葉県の松戸市矢切に渡してくれますよ。寅さんの町「柴又」は情緒があって、1年の走り初めにおすすめのレースです。

僕は・・・

34:06で3位。前半5kmは3:20/kmで入ったけど、後半落ちて33分台ならずでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*