空腹時ランニングの効果!パフォーマンスは向上する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腹減ったカエル

最近、「空腹時に走るとパフォーマンス向上する説」がささやかれています。

調べてみると全員に効果があるわけではなさそう。メリットとデメリットを考えてみます。

空腹で走ること

お腹が空いている時に走るのは辛いですよね。体に力が入らず思考もまとまりません。この状態を使ってパフォーマンス向上をねらうのが空腹時ランニング。よくダイエット効果について言及されていますが、この記事ではパフォーマンスへの影響を考えます。

空腹状態はエネルギーとして使える糖質が少ない状態であり、継続してこのトレーニングを行うと体質に変化が起こるという考え方です。

このトレーニング法、メリットとデメリットが明確ですので取り入れるかどうかは考えどこですね。

メリット

  • 脂肪を優先的にエネルギーとして使うようになる
  • 貯蔵グリコーゲン量の増加

普段エネルギーとして使っている糖質が使えないため、使用エネルギーのスイッチが起こり脂肪を優先的に使えるようになります。

また、グリコーゲン量がいったん極端に減るため超回復で筋グリコーゲンの貯蔵量が増加すると言われています。

デメリット

  • 筋肉の分解が起こりやすい
  • 体への負荷が大きい

糖質が不足しているため、脂肪だけではなくタンパク質も優先的にエネルギーとして使用されます。長時間この状態が続くと筋肉の分解が始まり、トレーニングしているのに筋肉が落ちる事態になります。

また、空腹状態でトレーニングを行うのは本来は望ましくないので体への負荷は大きいです。

結局、やった方がいいの?

エネルギー利用に変化を与えることは間違いありませんが、現状ではパフォーマンス向上との関連はさほどないと言われています。

デメリットを考慮しながら、練習に取り入れるかを判断するのがよいですね。空腹では高強度のトレーニングを行うのは難しいため、ポイント練習の際にはやめたほうがよいです。

僕は耐えられない

僕もトライしてみたのですが、お腹が空いた状態で走るのは苦痛が大きすぎて無理でした。ふらふらしてゆっくりジョグでも走るのが嫌になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*