マラソンでの補給食やジェルの携行方法。揺れないのが大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べるサル

マラソン大会では補給食を持つ人が多いですね。

悩むのがどうやって持つか。携行方法を考えてみます。

ズボンのポケットは揺れるなー

フルマラソンに出場した際に、ジェル二つをズボンの小さなポケットに無理やりねじこんで携行。スタート直後からかなり揺れて気になりました。

レース中にも時たま未開封のジェルが落ちているので、持ち運びに苦慮した末に落とす悲しみに暮れる人が一定の割合いるのです。

マラソン大会時の携行方法をいくつか紹介しますので、合った方法を試してみてください。

身につけることが気にならない人に

ウエストポーチ

気にならない人であれば、ウエストポーチをつけると便利ですね。ジェル2個程度が入る伸縮性が高い素材でできたものも販売されているので、それほど邪魔にならずに携行できそうです。

ザック

ジェル以外に水分などを持つ人はランニング用ザックを背負うことも選択肢に入ります。軽量で前面にポケットが多いベスト型だと、物の出し入れをする必要がないので使いやすいですね。

空身で走りたいあなたに

僕は、レースの時は空身で走りたい。いまだに良い方法が見つかっていませんがいろいろ試してみようと思います。

ズボンのポケット

チャック付きの小さなポケットがあるものや、ウエストのゴムバンドで押さえつける仕様(トレイル用に多い)であれば、数個のジェルは持ち運べます。

しかし、感覚的に2個以上だと下半身に重みと揺れを感じるのでできれば1個までにしたいところ。

テーピングで腕に巻く

レースでよく見るのがこれ。

腕にテーピングでジェルを巻いておき、はがして補給。原始的な方法ですが揺れないので今度試そうと思っています。

アームカバーに挟む

冬であればアームカバーに挟むと揺れも防げますね。

ゼッケンやウェアを活用

ゼッケンにガムテープで貼り付けたり、ウエアにホッチキスやテープで留めている人もいるようです。

試行錯誤の日々は続く・・・

皆さん、いろいろな方法を試して自分なりの方法を探していくのですね。試行錯誤しながらベストな方法を探っていこうと思います。

まとめ

  • ウエストポーチやザックは気にならないなら便利
  • 空身でいくには、腕に巻いたりゼッケンに貼ったり工夫が必要
  • 揺れないこと、重みを感じないことが重要

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*