富士登山競走2018レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
富士登山競走

富士山を駆け上がる標高差3006m、距離21㎞。

2018年7月27日(金)に開催された第71回富士登山競走の参加レポです。

こんな大会

毎年7月下旬の金曜日に開催。富士吉田市役所から富士山頂まで走る、ほぼ登りの大会。

フルのサブ3・100㎞サブ10・富士登山競走山頂コース完走の達成は、市民ランナーグランドスラムとも呼ばれます。

山頂コースの参加レポです。

くわしい情報

スタート時間

  • 山頂コース  7:00
  • 五合目コース 8:30

コース

  • 距離 21㎞
  • 標高差 3006m

3つのパートに分けてコースを解説。

スタート~馬返し(ロード)

距離:10.8㎞ 標高差:680m

延々と上り坂のロードを走り続ける区間。なんだかんだで精神的に一番きついかも。

7.2㎞の中の茶屋まではゆるい上り坂で道幅の広い2車線道路。傾斜もさほどきつくないので、マイペースで刻んでいきます。

中の茶屋を過ぎると道幅が狭くなり、傾斜もきつくなる。ここから10.8㎞の馬返しまでをゆっくりでも走り続けられるかどうかが一つのポイントになるでしょう。

馬返し~五合目(トレイル)

距離:4.2㎞ 標高差:780m

10.8㎞の馬返しで給水したらトレイル区間に入ります。五合目以降とは違い、森の中を走るトレイル。路面も富士山特有のものではなく、日本の低山のそれと変わりません。

走ろうと思えば走れるゆるい傾斜で徐々に高度を上げていきます。つづら折りになっていて、短いフラット区間が何度も現れるのでそこはすかさず走りましょう。

五合目~山頂(独特な登山道)

距離:6.0㎞ 標高差:1546m

ここからは一部のトップ選手以外は歩きが中心。傾斜も急になります。

五合目から七合目までは滑りやすい砂れきの路面です。できるだけ踏み固められたルートを探しながら歩を進める。

七合目から八合目までは打って変わって岩の路面手を使ってよじ登る場所も多いです。ここはあえて上半身も使って足を休めたいところ。手袋を用意して、岩で手を切るケガを予防する人もいます。

八合目から頂上までは再び砂れき中心。ここまで来ると足は相当しんどい状態ですから一歩ずつ着実に進み頂上を目指しましょう。

富士登山競走特有の留意点

富士登山競走は日本では他に類を見ないレースで、気にした方がよい点も独特。

自力で下山

山頂でフィニッシュしてから五合目までは自力で下山。ジョグで1時間、歩きだと2時間ほどかかります。

下山道は浮石が多く捻挫しやすいので要注意。下山道は土ぼこりが舞いやすいため、装備としてマスクを持っていく人もいます。

高山病

高山病は個人差が激しいですが一般的に、標高2400m以上・急に標高を上げた場合に起きやすいといわれます。富士登山競走は日本では最も高山病が起きやすい状態かもしれません。

事前によく調べて対策することをおすすめします。

レース後の流れ

下山して五合目まで到着したら、必要に応じて休憩所で休んだあと800mほど離れたバス乗り場へ向かいます。ここからバスに30分ほど揺られて富士北麓公園へ。荷物の受け取り、グルメブースでの昼食などを済ませたら各駐車場・富士山駅へ向かうバスに乗り込みます。

頂上からの下山、バス2回乗車があるので、帰宅もなかなか大変なのが富士登山競走なのです。

ウェア

スタートとフィニッシュの気温差が―21℃。ウェア選びが難しい。僕はノースリーブのウェアと短パンでスタートし、頂上ではかなり寒かったです。

今年は終日天気が良くスタート時点では頂上の気温約7℃で快晴とのアナウンスあり。しかし頂上に着いてみると風が強く極寒。視界も悪い状態。座ってガタガタ震えるランナーもいて、低体温症の危険もあるなと感じました。

自分のスピードと当日の気候などを考慮して慎重にウェアや装備を選ぶ必要があります。

荷物預け

五合目あて20ℓ袋、富士北麓公園あて70ℓ袋に入る荷物をスタート付近で預けます。

メインの荷物を富士北麓公園に送り、五合目は下山直後に必要なものだけ。僕は五合目にタオル・Tシャツとプロテインを送りました。

距離表示

なし。

五合目以降は登山道の表示でおおまかな山頂までの距離がわかります。

トイレ

スタート地点には3か所に分かれて仮設トイレがあります。スタート1時間前に到着すると既にかなり混雑していました。

レース中は山小屋のトイレ(要使用料)を使用することになります。

受付

事前送付のためなし。

参加賞

山頂コースは完走すると後日フィニッシャーTシャツが送付されます。

スタート

ブロック別のスタート。過去3年間での五合目通過タイム・五合目コースフィニッシュタイムに基づいてA・B・Cブロックの3つに割り振り。Aブロックの前に招待選手などが並びます。

5合目通過のタイム基準は現在のところ以下のとおりだと思われます。カッコ内は今年の各ブロック別人数。

  • Aブロック 1:50以内(男子:404人、女子:8人)
  • Bブロック 2:10以内(男子:1280人、女子:63人)
  • Cブロック 上記以外(男子:767人、女子:74人)

Aブロックだと一番後ろに並んでもさほどスタートロスはありません。

Bブロックの人数が一番多く、Bブロックの最後列だと2~3分のスタートロスがあると思われます。大会によれば先頭から最後尾までのスタート通過時間差は4分程度。

応援

馬返し(10.8㎞)まではロード、それ以降も一般登山道のため好みの場所で応援できます。

エイド

合計11か所

エネルギーになる食べ物は三合目・五合目のバナナや角砂糖のみで、基本的には水分中心でした。六合目以上は水のみ。

実力に合わせての補給食携帯は必須だと思います。給水所の数は多いため、僕は水分は持たずジェルを2本ズボンのポッケに入れていきました。

関門

制限時間 4時間30分

  • 五合目関門(佐藤小屋)  2時間15分
  • 八合目関門(富士山ホテル)4時間

山頂コースの完走率は例年50%前後。

記録証

後日郵送

食事

レース後に五合目からバスで移動する富士北麓公園にグルメブースがあります。吉田のうどん、かき氷、牛串など種類多数。

事前にゼッケンなどと一緒に600円分のチケットがもらえました。

富士登山競走

ブース多数

お風呂

富士山付近には日帰り温泉が多く、調べるとたくさんヒットします。

山中湖温泉「紅富士の湯」
料金:800円(大人)
http://www.benifuji.co.jp/contents/info/

富士山溶岩の湯「泉水」
料金:800円(大人)
http://www.fuji-sensui.jp/

アクセス

スタート地点の富士吉田市役所まで、富士急行線「月江寺駅」から約1㎞、「富士山駅」から約1.5㎞。

富士山駅や河口湖駅までは都内や横浜などから高速バスも多数あります。

自家用車で行く場合には、エントリー時に交通手段「車」を選択すると発行される駐車券で大会指定の臨時駐車場に駐車。会場行きのバスに乗ることになります。

宿泊

富士吉田市役所徒歩圏内に宿泊するのがベストですが、かなり前から予約で埋まっている宿泊施設多し。出場が決まったらすぐに予約するのがおすすめ。

それでも取れない場合、キャンセル待ちを狙ってたまに電話していると運よく空きが出る場合も。僕も去年は直前に空きが出て会場近くに泊まれました。

参加費

  • 山頂コース  15,000円
  • 五合目コース 10,000円

参加基準タイム

山頂コースに参加するためにはまず五合目コース(参加基準タイムなし)に出場し、参加基準タイムをクリアする必要があります。

2019年大会以降の基準タイムは以下のとおり。

  • 第72回(2019年) 第69回大会2:25以内または第70・71回大会のいずれかで2:20以内
  • 第73回(2020年) 第70・71・72回大会のいずれかで2:20以内 

申し込み期間の目安

2018年は3月19日が申し込み開始でした。毎年すぐに埋まります。

特に、参加資格がなく人数が少ない(五合目:1276人・山頂:2500人(2018年))五合目コースの申し込みは大変。

大会公式サイト

http://www.fujimountainrace.jp/forms/top/top.aspx

プチ情報

富士吉田市役所付近の多くのコンビニでは、前日夜にはおにぎりが品薄になります。

前日・当日の食事がおにぎり派の人は現地入りする前に買っておいた方がよいかもしれません。

思ったこと

富士山頂までの一気登り、何度やっても魅力的。

僕は・・・

3:20で40位でした。

  • 馬返し通過    52分
  • 五合目通過    1時間35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*