トレイルランとコンタクト。100マイルでは交換する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンタクトカエル

明日に迫ったUTMF。ふと気になったのが、コンタクトはレース中に交換するか。

コンタクト歴20年近い経験から考えます。

メガネかコンタクトか?

メガネかコンタクトか。長年のユーザーならば、ここで悩むことはあまりないはず。

僕は、コンタクト。視力がかなり悪いのもあり、目とレンズの距離があるメガネで長時間走るとなんだか調子が悪いためです。

メガネ派の人は、眼球への負担や外れることは考えなくてよいですね。転んで破壊した時のために予備のメガネが一本あれば安心です。

コンタクト派の人にとって、一番大事な装備はコンタクトかも。僕がそうですが、視力が0.5を切るレベルの人は、コンタクトなしでトレイルランをやるのはほぼ不可能です。

コンタクトの連続装用時間は12~16時間

いくつかのコンタクトメーカーのWebサイトを確認すると、1日の連続装用時間は12時間~16時間が推奨されています。となると、UTMFではどんなランナーでもこの時間は超えるので無視。

実際に交換が必要な場面は、「外れる・目の裏にいく」「違和感」の2パターンだと思います。

外れた・目の裏にいった

コンタクトはそうそう外れません。乾燥や物が目に当たることでポロリと落ちることはありますが。

それよりも、UTMFでより懸念されるのは「目の裏にいく」ケース。コンタクトをしていない人が聞くと恐ろしい響きですが、目をこすった拍子に瞳からコンタクトがずれて目の裏や横に入ってしまうことはよくあるもの。

特に、装用時間が長くなる、乾燥しているなど悪条件が重なると起こりやすいように感じます。

僕は、強力な瞬きを繰り返しているとポロリと目の横から戻ってくることが多い。こうなると再度使うのは難しいので交換が必要です。

違和感

長時間装用していると、「尋常じゃなく目が乾燥している」「コンタクト付近にゴロゴロした感触がある」「痛い(まつげが入っていたりする)」ことがあります。

交換しても、継続して使用するので連続装用時間の観点では意味がないですが、こういった症状は解決することが多いですね。

結論:12時間に1セット+1は必要だ

僕は、12時間に1回の交換ペースで持っていきます。これは、普段の生活と同じ程度の時間でいったん外すことを意識して。

そして、装着時に疲れから手が震えて落下させた場合を考えて+1セット。これだけあれば、コンタクトに関する不安を抱えることなく、走り切れると思います。

永続的に使用するタイプや、2週間交換タイプを使用している人も多いです。トレイルランをやる人は普段使い以外に、トレイルラン用に1dayコンタクトがあると便利ですね。

目薬も

交換は必要なくとも、ちょっとゴロゴロした時のために目薬も必須かなー。気分のリフレッシュにも良さそうです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*