びわ湖毎日マラソンの関門!15㎞までの厳しさハンパない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
降参するカエル

驚異的に関門時間が厳しいのがびわ湖毎日マラソン。

参加資格ギリギリの人は、前半突っ込まないと15㎞関門でやられます。

びわ湖毎日マラソンの関門

びわ湖毎日マラソンは、参加資格が厳しいことで有名。

フルマラソンで2:30以内なので、市民ランナーだとほんの一握りしか出場できません(参加資格についての記事はこちら)。

しかし、参加資格以上に恐ろしいのが関門時間です。

各関門(2019年)

  • 15㎞地点 52分
  • 20㎞地点 1時間10分
  • 25㎞地点 1時間28分
  • 30㎞地点 1時間48分
  • 35㎞地点 2時間09分
  • 40㎞地点 2時間30分
    びわ湖毎日マラソンWebサイトより)

なんと、参加資格の2:30のペース(3:33/km)で走ると、15㎞でアウト!

前半突っ込むしかない!

15㎞地点の関門は52分なので、3:28/kmのペース。そして、20㎞地点の1時間10分は3:30 /kmのペースです。

2:30の参加資格をギリギリ満たしている人の場合、実力以上のペースで突っ込むことが必須になる関門設定です。特に15㎞の関門が一番厳しいタイム設定なので、ここまではハイペースで行かざるを得ない。

そのため、参加資格をギリギリ突破した人が自己記録を狙うのは難しいですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*