奄美ジャングルトレイル2018【安くいく】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バカンスを楽しむカエル

明日はOSJ奄美ジャングルトレイル。

航空券や宿を工夫すれば安く行ける!

手間をかければ安くなる!

奄美大島はちょっと調べる手間を惜しまなければびっくりするほど旅費が安い。次の条件が問題ないなら、質素ながら充実した旅ができます。

  • 飛行機はLCCでよい
  • 宿は安宿でよい
  • 観光も自力でやりたい

だいたい合計いくらで参加できる?

上の条件でもよいよーという方の場合、こんな感じ。

  • エントリー 8,000円(50k)・4,000円(20k)
  • レース後パーティー参加費 4,500円
  • 航空券 15,000円~20,000円
  • 宿泊費 6,000円(3泊)

50kに参加する場合33,500円~4万円弱が基本の旅費。これに観光、お土産をプラスしても5万円前後で満喫できそうです。

旅費を安くするポイントは?

年に1度の旅行なら、たまのことだと思ってドカンと使えばよいのですが年に何回も大会で遠征するとなると旅費を節約しつつ満足感のある旅にしたいところ。

航空券と宿泊費を抑えるため、事前の手配に手を抜かないことがポイント。1時間の調査で数万円変わってきます。

航空券

バニラエアが圧倒的に安い。

成田空港発着、荷物の重さ制限などのデメリットを考えても航空券はバニラエア一択かなと思います。

大阪の関西空港発もあり、こちらも成田空港発同様安いです。

【バニラエア公式Webサイト】
https://www.vanilla-air.com/jp/

バニラエア

安く手配するために

僕は、成田―奄美往復で16,820円でした。日程は金曜発、火曜帰り。

今回奄美ジャングルトレイルが開催されるのは3連休(土・日・月)の中日。土曜成田発、連休最終日の月曜に奄美発の場合、2倍以上の値段です。手配する際のポイントは二つです。

  1. できるだけ休日を外す
  2. 早めに予約

当たり前のようですがこれでえらい金額が変わります。

1.について、片方だけ外しても効果大。今回の開催日程では往路を土曜日にしてもそれほど高くありませんが、復路を月曜日にするとべらぼうに高かったです。

2.について、今回は2か月以上前に予約しました。レースにエントリーしたら後回しにせず航空券はすぐに確保しましょう。日程が近づくとどんどん価格が上がります。お得なバニラエアでも直前に予約すると片道3万円以上することもざらです。

成田空港への交通

都心から成田空港への交通費は高いです。成田エクスプレスを使った場合には片道3,017円かかります。

そこでおすすめなのが「東京シャトル」。東京駅八重洲口から成田空港まで900円(要予約・予約なし1,000円)で行けます。所要時間も約1時間なのでとても便利。

【東京シャトルWebサイト】
http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt16.html

荷物は合計7㎏まで

トレイルランナーにはこれが厳しい。7㎏を超えると荷物預けでプラス2,000円かかります。僕は中型のザックを使って6㎏でしたので、スーツケースを使うと7㎏は簡単に超えてしまいそう。

ちなみに、ぴったり7㎏で制限されるのではなく7㎏代なら問題ないようです。

宿泊費

奄美大島では安宿を探すと1,500円~3,000円ほどで泊まれるところが多くあります。ただし、ドミトリー形式のゲストハウスが多いため個室で過ごしたい人は少し探す手間が必要ですね。

僕は個室がよかったので、1泊1,800円で個室の部屋に泊まっています。

「奄美大島 ゲストハウス」「奄美大島 民宿」などのワードで検索するとWebサイトがたくさん出てきますので、じっくり自分の条件に合った宿を探しましょう。

【参考サイト】
離島ドットコム
https://www.ritou.com/amami/amami-G.html

そのほか

奄美空港から中心部(名瀬)へのバス

片道1,100円で50分ほどの乗車。距離は29km。

【株式会社しまバスWebサイト】
http://shimabus.jp/

観光

マングローブの中をカヌーですすむ。すすむ。

やってみたかったのですが、拘束時間が長く集団行動を余儀なくされるツアーが苦手なので楽に参加できるのがないか探してたら、ありました。

マングローブパークのカヌー体験1時間2,000円。入園料付きなのでグラウンドゴルフもできます。

泊まっている奄美中心部の名瀬から20㎞ほどなので、レンタサイクルを借りてレース後に行ってこようと思います。国道で一本のため、レンタカーやバスでのアクセスも便利。

カヌー体験は一日に5回開催されていて、予約不要で30分前までに受付すればよいという気軽さもまる。

【マングローブパークWebサイト】
http://www.mangrovepark.com/

まとめ

  • 航空券はバニラエアがおすすめ
  • 航空券はできるだけ休日を外して早くとると数万円安くなる
  • 宿はゲストハウスや民宿だと3,000円以下で泊まれる
  • レースは名瀬の奄美市役所付近に受付、スタート、フィニッシュなどが集まっているのでこの周辺に宿をとるととても楽
  • 観光も工夫すれば安く、かつ楽しめる!

奄美ジャングルトレイル2018【大会当日:コースやエイド】
奄美ジャングルトレイル2018【ちょっと観光:マングローブカヌー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*