エアロバイクで心肺機能強化!ポイントは心拍数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エアロバイク

ケガして走れないときにエアロバイクはいかが?

心拍数を意識して、心肺機能を強化しましょう!

エアロバイクの効果

一般的にエアロバイクはダイエット目的で使う人が多いですね。

ランナーにとってエアロバイクはケガして走れない期間の有効な練習の一つ。しかし、普段やらない練習だけに漫然とこいで満足しがちです。

心拍数を意識してトレーニングすると、心肺機能の強化に役立つのがエアロバイク。走れない期間でもさらなるレベルアップが目指せますよ。

心拍数の目安

エアロバイクでの心肺機能強化のためには、以下の心拍数・時間でトレーニングをします。

  1. (220―年齢)×0.8~0.9 6分~15分 
  2. (220―年齢)×0.7~0.8 15分~60分

30歳であれば、1.の場合は心拍数152~171。2.の場合は133~152です。

40歳であれば、1.の場合は心拍数144~162。2.の場合は126~144です。

耐えられる運動強度や心拍数は人によって違うので、いろんなパターンを試しながら自分に合った方法を見つけてくださいね。

心拍数の測り方

最近のエアロバイクでは、心拍数を測る機器がついているものも多い。僕が行くジムは銀のバーを握るタイプ。汗をかくとなかなか反応せず歯がゆいです。

機器が付属していない場合には、こぎながら15秒間手首の脈を測ってカケル4するとよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*